バイナリーオプションなら投資初心者でも簡単

ニュース

2013/10/15
メリットを更新しました
2013/10/15
基礎を更新しました
2014/03/28
を更新しました

ピックアップ

オプション取引

gaiyou

バイナリーオプションは、オプション取引の1つである。オプションは金融派生商品であり、「デリバティブ商品」と呼ばれることもある。
オプションとは、「権利」を表す。オプション取引は、「権利」を売買する取引であり、契約した時点で物や金が動くことはない。
オプション取引における権利とは、「ある物を、ある期日に、ある価格で買う(あるいは売る)権利」である。
「ある物」「ある期日」「ある価格」は、それぞれ以下の様な用語で表される。

ある物・・・【原資産】買う権利、売る権利の対象となる物。価指数、式、国債、商品先物などがある。
ある期日・・・【満期日】オプション(権利)の売り手は、買い手が満期日に権利を行使した場合、必ず応じる義務がある。
ある価格・・・【権利行使価格】予め決められている価格である。

バイナリーオプションは、通貨を原資産とした取引である。一定期間後に、為替レートが上がっているか下がっているかを当てることによって収益が得られる。

概要

torihiki

バイナリーオプション取引は、外国通貨取引の一種である。
為替相場は、常に変動している。その為替相場が、一定期間後に今より上がっているか・下がっているかを当てるのが、バイナリーオプションである。
トレーダーは、満期時の価格が設定価格より上であるか下であるかを予想する。その予想が的中すれば、所定の金額が払い戻される。一方、予想が外れれば購入資金を失うことになる。

バイナリーの意味は、「2進法」である。すなわち、「0か1かの二者択一」を表している。
すなわち、バイナリーオプションという名称は、「為替レートが上がるか下がるかという二者択一」であることに由来する。
上げ幅や下がり幅といった複雑な予想をする必要がないので、初心者にも始めやすい投資であると言われている。

歴史

バイナリーオプションは、比較的新しく登場した金融取引である。
2003年、イギリスのIGグループホールディングス式会社によって金融商品化された。
2008年、IGグループホールディングスは、「FX ONLINE JAPAN」と業務提携を結んだ。その後、社名をIGマーケッツ証券に変更した。
2009年、日本市場にバイナリーオプションが導入された。
2011年10月、日本経済新聞に紹介されたことなどを経て、日本国内で注目を集め始めた。